僕の姉はちょっと天然で、不思議ちゃんのケがあります。
こないだはこんなことがありました。
「ちょっと○○、来て。手伝ってくれる?」
隣の部屋から僕を呼ぶ姉。
ゲームを中断して渋々姉の部屋へ足を運びます。
ドアを開けると・・・。
「えぇっ!姉ちゃんっ!何やってんの?」
姉は何とスクール水着を着ていたのです。
それも上半身をはいだ状態で・・・。
「最近さ、乳首が水着の上からでも分かるようになっちゃったから、
 ちょっと工夫しようと思って、こうしてみたんだけど・・・。」
向こう側を向いていた姉がクルリをこっちを振返ります。
同時に、姉のバストがブルルンンッと躍動します。
 
姉のオッパイを見るなんて、久し振りのことです。
最後に見たのは姉が小学生の頃だから、5年ぶり位かなぁ。
随分大っきくなったなぁ・・・
などと感心しながら、姉のバストに見とれていましたが、
どうやら様子がちょっと変です。
目を凝らしてみると、姉のオッパイの中心、つまりは乳首の部分に、
何やら張ってあるみたいなのです。
「ね、姉ちゃん。何それ?ガムテープじゃん?
 何でそんなことしてるの?」
「だから、言ったでしょ。
 乳首が水着に透けちゃうから、工夫したって。」
「姉ちゃんっ。
 そういう場合は、アレだろ?
 確かニップレスってのをするんじゃないの?」

「だって、勿体無いじゃん。
 わざわざお金出して買うの・・・。」
「そ、そりゃ、そうかも知れないけどさ。
 で、何?なんで俺のこと呼んだの?」
「ちゃんとできたかどうか、チェックしてもらおうと思って。」
そう言うと姉はスクール水着の肩紐をバチンッと嵌めました。
「見てっ?どうかしら?
 大丈夫?チクビ透けてない?」
「・・・うん。大丈夫だとは思うけど。
 でも何だか、ガムテープの角ばった感じが分かって変だよ。
 それにさ、ガムテープをジカにそんなとこに貼ったりしていいの?」

「あ。やっぱしヤバイかな。これ?」
そう言って、姉はスクール水着の肩紐を外しました。
「ちょっと、取ってみる・・・。」
姉は乳首に貼り付けたガムテープを剥がそうとします。
「イッ、痛ーーぃっ!」
「ほら、言った通りだろ!
 姉ちゃん、ケチケチしないで、
 ちゃんとした製品買った方がいいぜ。」
「わかったよ・・・。んもう。
 でもコレ、どうしよう。」
「ゆっくり剥がすしか無いだろ。」
「ね。○○も手伝ってよ。」

「ちっ。しょーがねーなー。まったく。」
僕はそう言いながらもドキドキしていました。
(姉ちゃんのオッパイに触れる・・・)
「ちゃんと優しくしてよねっ!
 オンナの子の身体なんだから。」
「分かってるよ、うるせえなあ。
 それが人にモノを頼む態度かよ」
僕はそっと姉のバストに手を伸ばします。
緊張で手が震えます。
「あ。何?○○。
 手、震えてるよ。
 どうしたの?
 分かった!お姉ちゃんのオッパイ見てコーフンしてんでしょ?」
「そ、そんなわけないだろっ!
 誰が、アネキなんかのオッパイで興奮するっていうんだよ!」

716 名前:えっちな21禁さん[sage] 投稿日:03/12/03 08:33 ID:/y2KuxnV
オレは姉(22)にオナニー見せてやった。
今とオレの部屋しかテレビがないので
いつも決まって俺の部屋にテレビを見に来る時間がある。
そのときにわざとオナニーしながら待ってたんだ。
姉はなんと処女!天然記念物w
オレ的にはカワイイと思うのだが、
友達に言わせるとブスじゃないけど、地味で冴えない感じだと。

まあ当然驚いていたわけだが


723 名前:716[sage] 投稿日:03/12/04 15:36 ID:dZb6Oyyh
とりあえずあとで書いてみるけど
俺文章下手だし萌えられるかわからんぞ。
期待しないでくれ。


727 名前:716[sage] 投稿日:03/12/04 17:03 ID:dZb6Oyyh
オレの姉は22歳で、
赤いオサレメガネ着用、黒髪ポニーテール。いつもジーパン。
どうだ?モテそうにないだろ?w
しかし素顔は結構カワイイとオレは思う。
いつも自信なさそうな表情をしていて、仲のいい友達は3人しかいない。
かなりの人見知りだが、その3人とオレにはいっぱいしゃべる。
男と付き合ったこともなく、当然処女だ。
しかしHなことには興味持っていて、オレがいつも下ネタをふると
赤い顔しながら色々聞いてくる。

はっきり言おう。オレはそんな頼りない姉が好きだ。
姉にもっと近づきたい。
別に付き合いたいとかセクースしたいとまでは思わないけど。


728 名前:えっちな21禁さん[sage] 投稿日:03/12/04 17:14 ID:dZb6Oyyh
そんなある日、オナニー見せたらどうだろうと思いついた。
オレはちょっとMっ気があるらしく、裸を見られるというシチュエーションに興奮を覚える。

そしてある計画を立て実行した。>>716だ。

オレの下半身を見たあと、姉は「ゴメン!」と言い、自分の部屋に帰っていった。
ズボンをはき、追いかけるオレ。

「ゴメンね。ゴメン!」と謝る姉に
「姉ちゃんが謝ることないだろ。オレは別に気にしてないよ。
姉ちゃんになら見られても平気だよ。」と、いつになく優しい口調で言ったやった。
赤くなり黙っている姉に「オレのチンコ見てどう?」と聞く。
「一瞬だったからよくわからなかった」と姉。


730 名前:えっちな21禁さん[sage] 投稿日:03/12/04 17:25 ID:dZb6Oyyh
「ちゃんと見たい?いいよ。見ても」
「姉ちゃんも知っておいた方がいいよ」
「今は母さんがいるから、今度の土曜に勉強会しよう」

こんな感じのことを言った。
土曜は両親が遠出するので朝から夜まで二人きりなのだ。
姉は黙っていたが、NOとは言わなかったので
OKと解釈し、「じゃあ土曜ね」と部屋を出た。


翌日、メールで
「土曜は一緒に風呂入るよ。それから夜まで全裸で過そう
別にセックスしようって行ってるわけじゃないから心配するな」と送る。
変態だなw でもやってみたかったんだよ。
一日中全裸っていうの。


732 名前:えっちな21禁さん[sage] 投稿日:03/12/04 17:38 ID:dZb6Oyyh
当然、反対されるだろうと思っていたわけだが返信がこない。
家に帰ってテレビの時間になっても来ないので呼びに行く。
やはり顔は真っ赤だ。
CM中に切り出す。
「メール見た?」
「うん」
「嫌ならいいけど」
「・・・・・・興味あるし・・・でも私も脱ぐの?」
「うん、オレも見せるんだからいいでしょ?」
明確な返事はもらえなかったが
どうやらOKのようだ。

そして土曜日。

俺には7つ離れた今年33才になる姉がいる。 
25才で結婚して、普通に2人の子供を持つ母親になっている。 
盆暮れの年2回会うか程度の繋がりで、 
普段は携帯番号を知っている程度のごく普通の姉弟だったと思う。 
俺が中学3年生迄実家にいた姉は、 
すごく優しく控えめで年の離れた俺を可愛がってくれた・・ 
姉は背は高くないが美白で、母親譲りのグラマーなボデイーラインは33才になった今でも同じままだった。 
俺は20才くらいの時知り合った女性から、SMっぽい事を教わり、今ではすっかりその世界の快楽で射精しまくっている。 
色々経験したが、やはり拘束羞恥プレイが一番のお気に入り。 
アナルをガンガンペニスバンドで突かれ、女の子の様に喘ぎ悶え、ヨダレを垂らして射精する。これは本当に気持ちがいい。

数ヶ月前、俺はいつものホテルに入り酒を飲み、SMビデオを鑑賞しながら、興奮と酔いを深め、いつもの出張SMクラブに電話した。 
2ヶ月ぶりくらいかな?? 
そんな事を思いながら電話番に会員番号を告げると、 
「○○様ですね、いつもありがとうございます。30代以上のグラマーなS女ですね!?」 
やはり年下に陵辱されるのはどうも理性が飛ばない・・ 
もう数年は使っているこのクラブでは様々な熟S女と遊んできた。 
しかもここのSMクラブはS女も全裸OKで、相手が若いと、結構女も興奮して途中で激しくチンポハメてくる事もある。 
それもそれで楽しかった。 
しばらくしてチャイムが鳴り、ドアを開けた瞬間・・今回ばかりは絶句した!! 
目の前が真っ暗なのか真っ白なのか・・死ぬほど同様した。。 
そうそこには黒い長袖ブラウスを来て大きなバック持った姉がいたのだ。 
「武雄!!?」「姉さん!!!」お互い暫らくの間があった・・・ 
「入るわよ・・」姉の静かな口調にハッとした俺は「どうぞ・・」 
と言い放った。。イスに座ってバックを置いた姉が、 
「お店に電話しないと・・どうするの」伏せた顔また静かな口調で言った。 
俺は目の前のワイングラスの酒を一口で飲み干し、ゆっくりと姉に言った 
「いや、いいよ姉さんで。。だってもうバレちゃったし。。これも運命だよ・・」と言った。 
姉は一つため息をつくと「そうね・・」と諦めた様な顔で言った。 
携帯を取り店との会話が始まる・・ 
「さゆりです。今部屋に入りました。えっと時間は・・」 
一瞬俺を見たので「120分Mコース」と言った。。 
姉はそのまま携帯で復唱すると電話を切り、 
「あたしにもお酒ちょうだい!」と言った 
俺はワイングラスを用意すると姉の前に置き並々とワインを入れる。 
姉はほぼイッキに飲み干し、大きなため息と共に、 
グラスをテーブルに置いた。 
そしてグラスに手を掛けたまま、俺の方上目使いで、ギロッと見つめた。 

↑このページのトップヘ